副業としての「せどり」は難しくなりました。

本、雑誌の「せどり」をやっていいました。
主にアマゾンマーケットプレイス、少しヤフーオークションに出品していました。

その時の、5年以前のクロネコメール便の大量の伝票を破棄しています。
念のためそのまま捨てるのはどうかと思い破っていたのですが、結構な量なので指が痛くなりました。そこで、シュレッダーはないのでハサミで細かく切っています。

1日4~5冊は発送していました。
多い時で15冊以上です。
週に5万円くらいの時もありました。
月に大体12万円から15万円くらいの利益を出していました。
ほとんどが本で雑誌が少し、たまにCDという感じでした。

その頃はクロネコメール便があり、A4サイズで厚さ1cmまでは80円、2cmまでは160円でした。
ヤマト運輸とは契約していましたので、料金は後払いでした。厚さが1cmを超えてもほとんど80円で発送してくれました。
アマゾンマーケットプレイスからは配送代が出るので、クロネコメール便の配送代を引いても利益が出ていました。

今ではクロネコメール便がなくなり、利益がほとんど出なくなったのでやっていません。
仕入れはほとんどBOOK OFFの100円コーナーでした。

過去100円で仕入れたので売れた最高額は17,000円です。宗教関係の本でしたね。
この時はびっくりして喜んだものです。
17,000円は1回だけでしたが、5,000円から10,000円くらいはたまにありました。

たまにBOOK OFFに行きますが(今は仕入れではなく在庫を処分するために売りに行きます)、仕入れをやっている年配の人を見かけます。

私がせどりを始めた当初は若い人が多かったのですが、徐々に年配の人をよく見かけるようになりました。
小遣い程度にはなっているのでしょうか?ちょっと心配になったりします。

この記事へのコメント

人気記事