平均寿命と健康寿命の差の年数は不健康寿命?

平均寿命と健康寿命の差は不健康寿命になるのでしょうか。

健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康ではない期間」を意味します。2013年において、この差は男性9.02年、女性12.40年でした。
男性の平均寿命 80.21歳 男性の健康寿命 71.19歳 差 9.02歳
女性の平均寿命 86.61歳 女性の健康寿命 74,21歳 差 12,40歳
(公益財団法人 生命保険文化センターのホームページより)

人間の「寿命」というと他界するまでの年齢、生きている長さを指しますが、「健康寿命」は日常生活が制限されることなく生活できる期間、つまり支障なく生活できることを指します。どこまでが支障なくかは、個人の感じ方で変わるので線引きは難しいところです。

自分が前と比べて、生活に健康上の支障を感じれば「健康ではない期間」になります。具体的に言えば、歩くのがしんどくなったなったと感じた時を「健康ではない期間」と思う人もいれば、杖が必要になった時を「健康ではない期間」と感じる人もいます。客観的に考えると、介護が必要になった状態が日常生活に制限のある「健康的でない期間」になるのでしょう。

課題として、
・健康寿命と寿命の差を縮めること。
・健康寿命と寿命の差の、健康的でない約10年間をどうするか。

を考える必要があります。

今までは平均寿命だけを考えていたのですが、私の場合は健康寿命を考えると後約8年しかありません(健康寿命の数字は主観的な数字のようなので要介護のデータを元にした場合はもっと年齢は上がるようです)。
そう考えるとのんびりしていられません。まだまだのんびりした余生を送る状態にはなれそうもありませんね。

この記事へのコメント

人気記事